少額から始めるFX初心者ナビ

FX初心者が抑えておきたいポイント

FX取引は投資の初心者でも簡単に始められるという特徴を持っています。しかし簡単とは言ってもお金を投資して行うだけに、資金を大きく減らすリスクもあります。元手を上手に増やして長くFXを続けるためには、いくつかのポイントを抑えておきましょう。

 

最初に意識しておきたいのが、資金管理の重要性です。資金管理とは自分がどれぐらいのお金を投資に回すことができるか管理しておくというもので、勝てる人はこれを上手に行っています。具体的には自分が持つポジションは、どの程度の損失を抱えるリスクがあるのかを把握した上で取引することです。

 

FX初心者が勝ち続けるには、取引ロット数も重要です。これはポジションを持つ際にどの程度の量を取引するのかというもので、多くなるほど勝った時に得られる利益は大きくなりますが、逆の場合には損失も増えてしまいます。初心者の場合には相場の経験が少ないことから、初めのうちは負けが続くこともあります。それを見越した上で、あらかじめロット数を少なくしておくと資金を減らすこともなくなります。通常のFX業者は1万通貨が最低ロット数ですが、業者によっては1000通貨といった小ロットから取引することができるので、そうした業者で口座開設するのもおすすめです。

 

ポジションを持ったなら、損切り注文も忘れずに行うようにします。FXでは予想と逆の方向に相場が動いた時、想像以上に大きく動くことがあります。損切り注文を入れておけば、こうした相場でも損失を限定することができます。FX初心者は損失が膨らんでも、いつか戻るだろうと損切りしない傾向があります。それでは損失がさらに拡大することにもつながり、トレードを続けられないだけでなく、資金以上の支払いが求められることにもなりかねません。ポジションを持つと同時に損切りを入れることは、資金を守って長くトレードを続けるためにも欠かせないものです。

 

FX初心者でも、最初のうちはビギナーズラックで勝ち続けることもあります。そこからさらに価値を続けるには、以上のことを常に意識して確実なトレードを心がける必要があります。何かで困ったら「FX初心者おすすめ」などのサイトを見て勉強するが良いと思います。

 

 

 

FX初心者が誤解しやすい勝率についての考え方

 

プロは100発100中だと思っている人がいるとすれば、それは間違いです。FX初心者の中には、勝率を高めようと考える人が多くいるようですが、勝率を高めることには意味がありません。人間は未来を予想できませんから、もしも勝率が100%になったとすると、それは偶然数回だけ当たっただけのことでしょう。プロのトレーダーでも勝率100%の人はいないと言うことを頭に入れておかなければならないでしょう。

 

勝率はどれくらいが良いのかというと、これは人によって異なります。たとえば、10%で勝つことができる人もいます。10回の内に1回しか予想が当たらなくても勝つことができるというと、FX初心者の人は奇異に感じるかも知れませんが、実際にこれくらいの勝率で稼いでいる人もいます。たとえば、買ったときには10万円稼ぐことができて、負けたときには1,000円損をするような戦略を練れば余裕で儲けることができます。

 

10回の内1回だけ買って10万円の収益を得て、そして9回は負けますから9,000円の損失になります。トータルではプラスになっていることが分かるでしょう。その逆に、勝率が高くても損する人もいます。10回の内9回勝っても、1回の負けの損失が9回分の利益を超えてしまうこともあるのです。FX初心者なら、おそらく勝率は5割いけば良い方ではないでしょうか。6割くらいまで予想が当たるようになれば、後は技術だけでプロになれるでしょう。

 

FX初心者の人はこのあたりを間違っていることが多いようです。目指さなければならないことは、勝率を上げることではなくて、トータルの損益をプラスにすることです。最初の内は予想が当たらないものなのですが、予想が当たらないと金損失を小さくすることでカバーできます。たとえば、1回の損失を5,000円以内にするといったルールを決めておくと、損失を限定できますから、トータルの損益をプラスにしやすいと考えられます。

 

 

FXの勝敗の分け目はエントリー時の明確な基準の有無

 

いつもと同じように取引していたはずなのに急にFXの成績が落ち込んだことがあり、しばらく経てば勝ちトレードで負け分を巻き返せると楽観的になっていたものの、なかなか安定した勝率に戻らずスランプに陥ったことがありました。
そして自分の取引履歴を見返してもどこが悪いのかわからなかったからFXで勝っている人のブログを片っ端から見ていったら、あることを発見して少しずつ以前までの勘を取り戻せたのですが、それが取引で最初に重要となるエントリー基準というものです。

 

勝率の安定している人は必ず何らかの固い信念があってエントリー基準を決めていて、それ以外の相場が続いていたら例えどんなにわかりやすい相場でも手を出さないから、劇的な大勝はなくても余計な損失はないのが共通でした。
思えば私は頼りにしているテクニカル分析や個人的な相場観はあるけれど、実際の取引ではそのときの値動きにつられただけの無計画なトレードが多かったように思えるし、ちゃんと自分で作ったルールが守れていなかったような気がします。

 

だから明確なエントリー基準を確立するために、今使っている手法を中心に過去の相場で検証してこの先もFXで通用するかということに本当に自信を持っていいかどうか確認作業をしました。
実際に検証してみると勝てていた時期はたまたまそのときは手法が相場に合っていただけで今はもう通用しないとすぐわかったから、何回もバックテストを重ねて古いデータでなく最近の相場で勝率の高い手法を使用し始めると徐々にFXで勝てるようになってきて悩みが消え去り今も毎日取引しています。

6月16日。本日の東京時間で10時30分に豪州議事録が発表されました。数字の結果で判断する指標とちがって、発言で動くのが特徴。発表された瞬間、豪ドル円は95.56まで下がってから95.83まで噴き上げて、その後も下がることなく上昇して96円にタッチしました。今は95.95で安定した値動きを見せています。発言した内容が早速ニュースで入ってきています。一段と豪ドル安が進む可能性があり、必要でもある。金融政策は緩和的であるべき。経済指標は今後数カ月間での穏やかな雇用の拡大を示唆。一段と豪ドル安が進む可能性があり、必要だという発言に対しては、前から聞いている事なので、また今回も行ってきたなぁと思いました。経済指標に対しての発言は、良くなっていくよ!と言ってるので安心できます。今回の豪州議事録は、豪ドル高を良く思っていないけど、指標について前向きな見解を示しています。牽制しているからと言って下がることはない気がします。さらに、こんな発言もニュースで入ってきています。シドニーの住宅市場はかなり強い、メルボルンの一部にも同様の傾向あり。成長率は基調をやや下回る見通しだが、来年後半に持ち直しへ。雇用市場や生産設備に余剰感が継続。住宅融資の引き締め効果が完全に現れるまで時間を要す。結構な数入ってきてますね。成長率に対しては来年後半に持ち直すよ!よ言っています。だんだん良くなってくるんだと希望が持てる内容です。東京時間に発表される1つ1つのオーストラリアの指標に一喜一憂しているけど、こういった発言を聞くと大丈夫なんだって安心します。オーストラリア経済が良くなっても、影になっている中国経済が良くならないと本当の強さは発揮できないって思います。中国こそ頑張ってほしいです。発表から1時間が経過しても堅調な豪ドル円。午後は、96円を越えるのかなぁ。それとも欧州時間とかロンドン時間にお預けかな。この発言は下げるような内容ではないと思っていますが、もし下げたらびっくり。

続きを読む≫ 2015/06/23 07:34:23

FXは出来るようになってしまえば、面白い様に利益を積み上げる場合もあります。大抵は鉄板トレードに
従ってやっていると思いますが、最初に手にした鉄板手法を忘れられずにいつまでも使っていたりする事も
あります。

 

それ自体はとても正しく、テクニカル手法はタイミングを掴むものだけですから、一個であっても問題は
ないと思えます。問題なのは、ずっと、使っていると言う所で、把握と判断が出来ないなら手法は救世主
ですが、出来るようになるとむしろチャンスをことごとく逃す原因になってしまいます。

 

多くの手法を使ったり試したりした人なら分かりますが、結局の所手法は、順張りか逆張りしかありません。
そして大抵の手法は、損切りポイントが近く損小利大になる所で入りましょう、と言っているようなモノです。
それが環境なのかチャートパターンなのか、もしくはファンダメンタルなのかと言った違いがあるだけなんですよね。

 

なので、年単位でFXをやってきたのであれば鉄板手法を捨てる、と言う戦略も大事になってきます。勝つタイミングは
意外に幅が広いので、ちょっとダメだからと言って利益を逃さずに済むようになります。

 

しかし、これが意外に難しいモノで、数字などで客観的に有利だと分かっていても、感覚で勝ちそうなやり方を
使ってしまいます。特に一番最初に手にしたFX鉄板手法は印象も強く、勝てると理解させてくれたものですから
捨てるには結構強い覚悟が必要だったりしますね。

 

上昇トレンド押し目買い、なんて最たるモノだと思います。上がる所で買っておけば良いのですが、押し目に拘って
いるとほとんどのタイミングで入れません。上昇するのが有利な確率ならそこで入ってしまえばいい話です。出口
なんか喋ると切りがありませんが、相場を分かっていれば説明する必要もありませんよね。

 

結局何なのと言われれば、トータルプラスが安定的に出ているのであれば手法なんて捨ててしまいましょう、って
事です。FXには幾つか突き抜ける必要のある壁がありますが、手法を捨てるのも大き目な壁になっているようです。
簡単な人は簡単ですし、そもそも初心者の時から手法を使っていない人もいるので、壁自体が無かったりもしますけど。
壁を超えると利益も桁が違ったりするので、喜ぶ人も居るそうですが・・・。

続きを読む≫ 2015/06/23 07:34:23

6月18日。東京時間午前10時過ぎ。クロス円の調子が悪いですね。二ユースを見ると、日経平均の調子が悪いです。前日に引き続き、日経平均の調子が悪い。株式市場がスタートして30分後には100円を越える下げ幅を記録したそうです。簡単に30分で100円下げちゃう。本日の東京時間の日経平均は弱さが目立って引けるかもしれませんね。クロス円は上値が重くなって安値を更新して終了。実際、クロス円の多くが安値に接近しています。ニュージーランドドル円は、朝から調子が悪かった。NZ財務相の通貨高けん制が入って集中的に売られています。豪ドル円とニュージーランドドル円は、どちらも通貨高牽制が入って調子の悪い通貨です。しかも、最近は米ドル円のほうでも入り始めた。しかも、ユーロ円も高い。クロス円達はみんな行き過ぎていますね。数えればもう2週間程かな。豪ドル円で1回もトレードしていない。本番以外でほぼ毎日やっているデモトレードまでできなくなっています。だってあまりにも動かないし、チャートを見ても規則性を感じないもん。1時間足から5分足までチェックすると、1時間足ではレンジになっているため、この足を使って下限に近付いてきたら買い、上限に接近したら売り。これでなんとか出来そうです。だけど、ボラが高くてあまりきれいなレンジではない。ついでに牽制が入ったニュージーランドドル円のほうも見てみよう。1時間足をチェックすると下げています。もう少し上の日足をチェックすると、売りが出来る雰囲気です。決めつけずに見てよかった。豪ドル円とニュージーランドドル円って似た動きをする通貨だから、豪ドル円がダメならニュージーランドドル円もきっとダメに違いないと決めつけてしまう傾向に。でも、今日は違った。デモトレードでニュージーランドドル円売ってみようかなぁ。1時間足の戻りを待たなきゃ。陰線ばかり出現してあまり戻してきていない。そのまま下に行かれちゃったら売れないよ。今のところは戻る気配なし。

続きを読む≫ 2015/06/23 07:33:23

6月18日、東京時間午前の相場。まず、前日の豪ドル円と米ドル円の動きを振り返ってみます。豪ドル円のほうは、東京時間からニューヨーク時間までずっと弱く売られて、95.05まで安値を更新しました。原因は、上海株の下落だと思います。あと、米ドル円が非常に強く、東京時間午後から円売りが行われて、上昇したので上値が重くなったんだと思います。米ドル円は、東京時間午前に123.40にいましたが、午後になると積極的に買われ、東京時間が終わる頃には123.56まで上昇。夕方4時過ぎには勢いがさらに加速して、ニューヨーク時間がスタートする頃には、123.90まで上昇して124円に迫りそうな勢い。1回は124円手前で押し戻されましたが、2回目の挑戦で見事124円を達成しました。円売りになったのは深夜3時に行われた、FOMC政策金利への期待感からだったと思う。眠たくて発表は聞けなかったけど、ベッドの上で豪ドル円のレートを朝方にチェックした時、95.05よりもかなり上の95.70に来ていて、これはもしかしたら米ドル円に何かあったんじゃないかと思いました。米ドル円が下がってないかと思いチェックすると、やっぱり。123.50まで下がっています。米ドル円が弱くなったから豪ドル円が買われたんだ。強弱関係を意識してみるようになってからわかるようになりました。米ドル円と豪ドル円のチャートを照らし合せてみると、深夜3時から124.40から下落して1時間後には123.40まで米ドル円が下落しているとき、豪ドル円は95.20から95.75まで上昇しています。このことから、豪ドル円の上昇は米ドル円が弱くなったことによる上昇であることがわかります。米ドル円が下げたら、豪ドル円のチャンス。この法則を知っていると、勝ちやすくなると思います。強くなった豪ドル円は、本日の東京時間では、95.41まで押し戻されています。1時間足と日足が方向感がない形になっているから、やっぱり~。

続きを読む≫ 2015/06/23 07:33:23

FXを教えてくれた人が、ナンピンなんかの重ねるのは資金管理が難しいからやらなくて良い、と言っていたので
ほとんどやっては来ませんでした。ポジションを重ねるタイプの手法は、勝った時の利益はもの凄いですが、
負けた時の損益ももの凄いのであまり推奨されるやり方ではありません。しかし、難しいながら利益は大きい
ので、プロの人達は普通に使っています。

 

大きく分けて、ナンピン、ピラミッティングと言われるものですが、負けている時に重ねるのがナンピンで、
勝っている時に重ねるのがピラミッティングと言って間違っていません。ナンピンは株式などで使っている
人が多く、前回のポジション取りの時よりも有利な時に重ね、ピラミッティングは自分の考えが当たって
いたので更に倍プッシュ、と言う理論になります。

 

どちらも数字が細かくごっちゃになりがちで、資金管理は困難になりますが、わざわざ他の確率不定のポジション
を取るよりは安定すると考えられていますね。

 

まぁナンピンはFXで使うと、リアルタイムで総資金に関わってくるので、かなり多めの資金を使うか、ロット数を
下げるなどしなければなりませんし、大きく吐き出すと復帰不可能な可能性があるので推奨は出来ません。ですが、
ピラミッティングの方は、FXでも結構機能します。

 

特に時間が無い時に、長い足でトレンドを追っかけている場合などは良いですよね。ほとんどチャートを見る時間が
無くても、日足、4時間足であれば出来なくもありませんし、損切りまでが長くなりがちなのでロット数を抑える
のも普通です。トレンドはどこまで続くかは誰にも分かりませんから、その辺も相性はいいです。ルールに
従ってピラミッティングをしていると、最後のエントリーは必ず負けますから、そこは許容する必要があります。

 

FXトレンドは続くときはいい加減続くので、勿体なかったなぁ、と思う事も減るのでおすすめしたいぐらいの
モノですが、チャンスは少ないので知識と経験はいるでしょうか。数百pips取れたりもするのでとかなり気持ちいい
取引手法です。

続きを読む≫ 2015/06/23 07:33:23

FXを始めたばかり、と言うなら一回の取引判断に掛ける時間はかなり長いと思います。人にも寄りますが数時間
ぐらい考えてからイエスノーの判断をする人もいるぐらいです。感覚で言えば、それだけ考えに考え抜いた方が
勝率は高くなるように思いますが、実際に数字に出して見るとさして違いはなく、市場の良い悪いによっては
むしろ時間が掛けた時の方が悪くなって来ます。

 

まだ取引に慣れていない場合は、チェックシートのようなモノを作って、上から順番に考えていきます。トレンドに
逆らっていないかとか、自分にとっての鬼門パターンにハマっていないか確認するとか、だましは一回だけとか、
細かくすればキリが有りません。そうして何分も、場合によっては何十分も考えた挙句にエントリー、結果負けて
しまったりします。

 

それ自体は悪い事ではなく、早く出来ないなら時間を掛けてでも自分の取引を見極めて、正しいやり方を学んで
行くべきです。人間は繰り返していると自然にサイクルが早くなって来て、どんどん取引の時間は短くなって
行きます。コレがまだ初心者ぐらいの領域の話です。

 

じゃあ、出来るようになってくるとどうなるか。パッとチャートを見ただけで入るか入らないかが判断出来る
ようになります。たまに、FXやる時間が無くて、なんて悩みの答えとして5分ぐらいでパッと確認して、駄目なら
やらなければいいんですよ、と言っているのを見かけますが本当なんですよね。もはや直観と言っても良いぐらい
の速さで判断するのは普通だったりします。

 

そこまで行くのは当然の如く、勉強と経験が必要なんですが、勿体ないのはそれが出来るようになっているのに
しっかり考えてから取引している人が結構多い事です。数字で出して見れば分かりますが、大差ありません。
負ける時のことも考えれば、使っている時間だけ勿体ない事になります。

 

直観って少し胡散臭い印象もありますがそう言えるぐらいなスピードで判断しているだけの話ですから、FXは出来る
ようになってきたら瞬間的に判断できる訓練、などもしていった方がプラスが増えるでしょう。為替の世界はとても
広いですが、FXの世界はそうでもありません。

続きを読む≫ 2015/06/23 07:33:23

6月19日のニューヨーク時間は、豪ドル円とニュージーランドドル円が揃って下げました。米ドル円やポンド円も下げています。NYダウの動きがあまりよくなかったみたい。だから、クロス円の足を引っ張ったのでしょう。東京時間午前につけた96.07の高値から下落して、95.09まで下落。そして、少し戻した95.34で引けています。95円を割らずに終わっているのが特徴。下げても1時間足と日足で見ればレンジなんだということがわかります。もう、こんな感じで5月からずっとレンジが継続しています。安値を更新する動きを見ると、いつもなら売りで攻めたらいいんだ!と感じて売りを考えますが、レンジ相場が定着してからは、安値を更新して95円前半に向かってくる仕草を見せれば、即ロングを考えます。それは、多くの人が同じ考えだと思います。同じことが続いたらまた同じことが起こると期待します。相場は期待した動きを裏切るのが一般的ですが、特に最近の豪ドル円は95円に迫ってくると規則正しく止まって上昇を始めます。これはレンジなんだと考えて、何回も真面目にロングをしていれば勝てています。95円に近づいてきたら買うと思っていながら、近づいてきたときには逃していたり、今度こそレンジブレイクになるんじゃないかと考えて、仕込めず仕舞い。結局豪ドル円は95円前半から後半に上昇して、また逃した、また逃した。こんなことの繰り返しです。今の豪ドル円は、レンジを信じて、ブレイクした時を考えて94.50に損切りを置いて95円割れ手前で買いを入れていれば大成功です。それを真面目にコツコツやっている人は基本的に損切りはないですから、うらやましい限りです。レンジの豪ドル円は、いつまで続くのでしょうね。絶対にあり得るはずないけど、あと確実にレンジが半年間続くのであれば、今からでも遅くないなぁと思います。ビクビクして買えてない私もまじめにやったらチャンスがめぐってきます。それで、多くの利益を獲得したところでレンジブレイクによって損切りになっても利益のほうが上だから気にならないわぁ。なんて、あるはずもない妄想を繰り広げてしまいます。

続きを読む≫ 2015/06/23 07:33:23

FXトレードにおいて資金管理は非常に重要であると言えます。FXトレードの特徴のひとつはレバレッジであり、用意した自己資金の数倍の通貨で取引することができます。レバレッジのメリットは少ない自己資金であっても数倍の通貨で取引することが出来るので利益が出たときの利益幅を大きくすることができることです。一方で損失を出せばその金額も大きくなります。現在では規制されましたが以前は自己資金の数百倍の通貨で取引することも可能でした。結果として相場が大きく動いたときに自己資金を一瞬で失うような損失を出すトレーダーが出たことによって、FXトレードはリスクのある投資商品と思われるようになりました。大事なことはレバレッジを掛けすぎないことです。FX業者は自己資金を割り込む可能性がある場合には事前にメールなどで通知します。その段階で追加の資金を投入する、あるいは損切りをすることで必要以上の損失を出すリスクはなくなります。しかしながら、自己資金に合わせた、あるいはトレードスタイルに合わせたレバレッジを決めてトレードすることがポイントと言えます。例えば1分足チャートを用いて行う短時間のトレードであるスキャルピングでは短時間のトレードであることから値動きの幅も限定されます。そのような場合にはレバレッジを多少大きくしても損失をコントロールすることができます。また、小さな値動きでも大きな利益を期待することができます。一方で日足チャートや1時間足チャートを用いたスイングトレードにおいてはポジション保有時間が長くなることから相場が大きく動く可能性が高まります。このような場合にはレバレッジを低めにしておく方が良いと言えます。相場が大きく動けば少ないポジションであっても大きな利益を期待することができます。このようにレバレッジは便利ですがリスクもあるので自己資金やトレードスタイルに合わせて決めることがトレードを成功させるために重要と言えます。

続きを読む≫ 2015/06/23 07:31:23

FXトレードの方法のひとつとしてシステムトレードが挙げられます。システムトレードはエントリーから利食い、あるいは損切りまでをコンピュータに任せる自動売買となります。システムトレードの魅力のひとつはトレードにおいて感情的にならないことです。全てをコンピュータが行うこととなるので感情による損切りのタイミングを逃す心配がありません。また、為替相場は24時間動いていることから裁量トレードでは寝ている時間、あるいは仕事などによってエントリーするタイミングを見逃すことがあります。しかしながらシステムトレードであれば寝ている時間、あるいは仕事などでチャートをチェックすることができない時間であっても条件が合えば自動的に取引が行われます。システムトレードにおいて各個人が行うべきことはストラテジー選びとなります。ストラテジーとは売買プログラムのことで、ストラテジーによってエントリーや利食い、損切りの条件が異なります。ストラテジー選びをしっかりすることがシステムトレードで成功するために大事なことであると言えます。ストラテジー選びのポイントとしてはそのストラテジーの売買の成績やトレード対象となる通貨などです。短期トレードを計画しているのに長期向きのストラテジーを選んでも期待する成績を残すことができない可能性がありますし、成績の優れていないストラテジーを選ぶこともリスクがあると言えます。システムトレードを取り扱うFX業者のサイトにおいてはさまざまなストラテジーの成績を知ることができます。自分のトレードスタイルに合う条件で検索して複数のストラテジーを選ぶことがポイントです。そして大事なことは一度ストラテジーを選んでそのままにしておくのではなく、定期的に確認して成績が芳しくないストラテジーについては外して別のストラテジーを組み込むなどすることです。ストラテジーの成績も時間の経過と共に変化します。そのため、常に調子の良いストラテジーを利用することがポイントであると言えます。

続きを読む≫ 2015/06/23 07:31:23

FXトレードにおいて大事なことは相場の動きに合わせてポジションを動かすことです。相場の動きは誰も予測することができないものですので、トレードにおいてエントリーした方向と逆方向に動くこともあります。すなわち損失となるケースです。このような場合に損失を出したくないという考えからポジションをそのままにしておくと損失の額を大きくしてしまい、資金を大きく失う可能性があります。大事なことは相場がエントリーした方向と逆方向に動いたときには素直に認めてそのポジションをクローズすることです。すなわち損切りするということです。FXトレードでポジションを持つときには各投資家の自己分析に基づいてエントリーする方向を決めることとなりますが、全てを的中することは困難であり、分析を誤ることもあることを理解することが大事です。分析を誤ってエントリーした方向と逆方向に動いた場合は相場の動きについていくことが大事です。例えばレンジ相場において買い方向のポジションを持っているときに相場が大きく動き出して売り方向にトレンドが発生した場合、そのままポジションを持っていると損失がどんどん大きくなりますが、その買い方向のポジションを早めに損切りして、売り方向で新規にポジションを持てば売り方向で利益を出すことが可能となります。そして損切りした金額以上の利益を出すことができればトータルでプラスとなります。つまり、ひとつのポジションにこだわるのではなく、幅広い視野を持ってトレードすることがポイントと言えます。私もひとつのポジションに固執して大きく資金を失ったことがあります。そのときには自己分析だけでなく、自分と同じ予測を立てているインターネット上の情報を信じてポジションをクローズすることができず、損失を大きくしてしまいました。トレードにおいて含み損の状態であると心理的に不安になり、冷静な判断ができなくなることがあります。しかし、それを乗り越えて相場と向き合うことが大事なことと言えます。

続きを読む≫ 2015/06/23 07:31:23